塚本雅久建築設計事務所   ブログ  http://www.kcv.ne.jp/~tsukamo/


by 塚本雅久

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
建築
コラム
お知らせ・受賞・掲載
OPEN HOUSE
イベント・相談会
日常的なこと

犬島ハウスプロジェクト
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

川埜龍三の蔵4号
T Pottery Diary
Gizan KATOH ...

最新のコメント

良い年でしたね。来年はさ..
by 櫻井良治 at 12:07
ありがとうございます。そ..
by 塚本雅久 at 09:22
こんにちは。私は20歳で..
by 櫻井良治 at 12:49
ありがとうございます。私..
by 塚本雅久 at 14:20
私の好きな本で『里山資本..
by 櫻井良治 at 12:45
ありがとうございます。今..
by 塚本雅久 at 09:19

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

一つの完成形
at 2016-09-24 21:40
方針会議
at 2016-09-10 15:29
福山市:住宅リノベ着工
at 2016-09-01 12:13
建築相談会 8/28(日) ..
at 2016-08-02 12:08
完成写真:two inner..
at 2016-07-08 10:01

外部リンク

ファン

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧

一つの完成形

c0359961_21163090.jpg


写真は、現在進行中の住宅リノベーションの天井です。ラワン合板を使ったもの。私は合板をよく使うのですが、大きな面積を使う時は基本、シナ合板でした。ただ最近、いろいろな箇所で部分的にラワン合板を試し、今回の使用範囲は大きいです。ある種、私の設計らしさの一つの完成形と思っている程です。

ラワン合板自体、デザインする設計事務所の作品では、珍しい素材ではないですが、私の考え方が反映されたような使い方と思っています。昨今では荒く使う事も多い合板の流れもありますが、荒くなく、丁寧さを感じる使用方法として提案しています。

[PR]
# by tsukaarchi | 2016-09-24 21:40 | 建築 | Trackback | Comments(0)

方針会議

c0359961_15060273.jpg
本日は、福山市の住宅リノベーションの1階がほぼ解体できたという事で、監督さんと大工さんで方針会議をしました。リノベーションの工事では、このタイミングで一旦手を置き、方針の調整が重用となる会議を設けています。図面と見比べ、既存構造と計画が合致しているか、不朽箇所、既存採用、改善点を見定めます。私が持ち帰って悩みながら検討する場合もありますが、今回は今日で、ほぼ方針が打ち出せました。まだまだポイントはあり、気を引きしめなければなりませんが、順調な雰囲気がしています。



[PR]
# by tsukaarchi | 2016-09-10 15:29 | 建築 | Trackback | Comments(0)

福山市:住宅リノベ着工

c0359961_12030284.jpg
本日から、福山市の住宅リノベ-ションが着工しています。
まずは、解体からですが、監督さん、大工さん、水道屋さん、電気屋さんが集まり、チェックしつつ始まっております。工期は約4か月。
今回は、2世帯住宅化により内部改修もありますが、ファサード(外部正面)の雰囲気が変わるというのもあり、完成が楽しみです。

[PR]
# by tsukaarchi | 2016-09-01 12:13 | 建築 | Trackback | Comments(0)

建築相談会 8/28(日) (2016)

c0359961_12151350.jpg
夏の終わりに建築相談会をさせて頂きます。
倉敷事務所にて。

住宅の新築、リフォームの相談を中心ですが、用途、構造は問いません。
マンション、店舗、ビル等。
何でも相談にのりますので、気軽にお越しください。
資料をお持ち頂いても構いません。

(相談例)
耐震に強い家とは?
いい家とは?3回建てれば?
リフォームすべきか?
新築、リフォーム、リノベの予算はどれくらい?
他、一般的な建築、住宅相談。

日時:2016年8月28日(日)  10:00~15:30
     塚本雅久建築設計事務所・倉敷事務所
連絡:0865-69-6711
※ご予約の必要はありません。
※駐車場は十分あります。
※無料です。

[PR]
# by tsukaarchi | 2016-08-02 12:08 | イベント・相談会 | Trackback | Comments(0)

完成写真:two inner terrace

c0359961_09575219.jpg


広島県三原市の住宅リノベーション『two inner terrace』
の完成写真をホームページでUPしております。
また、見ていただければ幸いです。

「two inner terrace」 (塚本雅久建築設計事務所 ホームページ)

説明
一棟全ての住宅リノベーションになり、外との関係性の違う1階と2階に二つの屋内テラスがあります。どちらも開放感がありますが、外部視線に配慮した窓は、日常の一時を宝物にしてくれます。既存の構造を大切にし、天井等には合板を張り、デザインのバランスをとっています。耐震補強や断熱改修もしており、再び長く住める住宅となりました。








[PR]
# by tsukaarchi | 2016-07-08 10:01 | お知らせ・受賞・掲載 | Trackback | Comments(0)

(仮称)三原の家0614

c0359961_13491692.jpg
(仮称)三原の家が大工工事の最終段階をむかえ、明日、明後日に終了し、内装にうつっていきます。
写真は、2階屋内テラス。ベンチも設置され、ゆっくりした時間が流れています。
2階は、屋内テラス。1階は連結するLDKと広縁が見どころになっています。
今回は、オープンハウスは行いませんが、ご興味があれば、ご連絡ください。随時対応します。

塚本雅久建築設計事務所
連絡:0865-69-6711 MAIL:tsukamo@kcv.ne.jp

[PR]
# by tsukaarchi | 2016-06-14 14:00 | 建築 | Trackback | Comments(0)

建築相談会 6/5(日) (2016)

今年はじめての建築相談会をさせて頂きます。
今回も、倉敷事務所にて。

住宅の新築、リフォームの相談を中心ですが、用途、構造は問いません。
マンション、店舗、ビル等。
基本、何でも相談にのりますので、ちょっとした事でも、気軽にお越しください。
資料をお持ち頂いても構いません。

(相談例)
耐震に強い家とは?
最近よく見る土間のメリット、デメリットは?
吹き抜けの必要性?
リフォーム、リノベの予算はどれくらい?柱ってとれない?
建築家の設計はモダンな家ばかりなのか?
他、一般的な建築、住宅相談。

日時:2016年6月5日(日)  10:00~15:30
     塚本雅久建築設計事務所・倉敷事務所
連絡:0865-69-6711
※ご予約の必要はありません。
※前日の6/4(土)希望の方は、6/3(金)までにご連絡ください。
※駐車場は十分あります。
※無料です。

[PR]
# by tsukaarchi | 2016-05-18 16:22 | イベント・相談会 | Trackback | Comments(0)

リフォーム、リノベによくある事

c0359961_17001307.jpg
写真は、(仮称)三原の家の建築途中(リノベーション)。構造補強により、構造用合板と、筋交いを併用してすすめており、基本、昔の家は、筋交い等は少ない、もしくは殆ど入っていない事が多く、小さいリフォームでも何らかの対応はします。
後、壁が傾いている、床が斜めになっている事も多いです。私が経験したものは全てありました。「初めから傾いていたのでは?」と思う事もありますし、その調整をポイントをおさえ対応します。根本的に構造で調整したり、下地で調整したりと、リフォームは新築にはない経験、知識、誠実さが必要です。
長年住んでいると、床が斜めとか壁が傾いているとか気にならなくなるもんで(私の家もそうでしたから)不思議なもんです。それと昔は、大工も施主もおおらかだったとつくずく思います。三原の家では、一つ一つ状況に応じ検討し対応しています。


[PR]
# by tsukaarchi | 2016-05-17 17:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)