人気ブログランキング | 話題のタグを見る


塚本雅久建築設計事務所   ブログ  http://www.kcv.ne.jp/~tsukamo/


by 塚本雅久

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
建築
コラム
information
AWARDS(受賞)
RELATIONS(活動)
OPEN HOUSE
イベント・相談会

日常的なこと
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 03月
2021年 01月
2020年 09月
2020年 04月
2020年 01月
2019年 08月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

お気に入りブログ

随想録 ...《 月鏡 》

最新のコメント

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

完成建築  消防機庫(神内分..
at 2021-05-13 12:38
表彰式:エネルギア住宅作品コ..
at 2021-03-30 16:02
受賞:エネルギア住宅作品コン..
at 2021-01-13 17:03
2021 明けましておめでと..
at 2021-01-07 17:42
38×38のフレーム その後
at 2020-09-12 16:53

外部リンク

ファン

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧

完成建築  消防機庫(神内分団3部)

完成建築  消防機庫(神内分団3部)_c0359961_12224035.jpg
コンセプト
笠岡市では、消防機庫の建て替えが進められており、その一つの設計。今まで建て替えは数棟されており、共通仕様にて建設されている。平屋で外壁は押出成形セメント板の外壁が基本として設定されていたが、この事業で始めての2階建ての計画となった。昔ながらの消防機庫は、階段は外部に設置する事が基本計画だが、内部に幅の広い階段とした。外部デザインも形式は決まっていたが、消防機庫という用途からアイキャッチを強めたデザインを補完した。この事業の基本的な流れを中心に、監修的な提案をした建築となっている。

# by tsukaarchi | 2021-05-13 12:38 | 建築 | Comments(0)

表彰式:エネルギア住宅作品コンテスト2020

表彰式:エネルギア住宅作品コンテスト2020_c0359961_15552626.jpg
今回で3回目の入賞となる「第24回ぐっとずっと。エネルギア住宅作品コンテスト2020」の表彰式に出席しました。初受賞の方、若い方が多く刺激になり、いろいろな面で励みになる表彰式でした。
# by tsukaarchi | 2021-03-30 16:02 | AWARDS(受賞) | Comments(0)

受賞:エネルギア住宅作品コンテスト2020

受賞:エネルギア住宅作品コンテスト2020_c0359961_16542413.jpg

第24回ぐっとずっと。エネルギア住宅作品コンテスト2020 において

「K HOUSE」(岡山県笠岡市)が新築・リフォーム住宅部門 審査委員特別賞を受賞しました

こういう結果を頂き非常に嬉しく思います。また、表彰式でお話を聞ける事を楽しみにしています。

# by tsukaarchi | 2021-01-13 17:03 | AWARDS(受賞) | Comments(0)

2021 明けましておめでとうございます。

2021 明けましておめでとうございます。_c0359961_17331135.jpg
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
今年は「展開」と書きました。

昨年は、やはりコロナ。そして引き続き対応していなかければなりません。ただ今年は、新しい展開が待っている年になるとは思っています。
これは仕事や私自身の事にも関係し、一昨年から昨年は、いろいろ驚愕するような事は多かったのですが、それに順応している私もいます。新しい展開、展開への準備をする年になればと思っています。


今年も、1月4日から仕事はじめとしています。
皆様のご愛顧の程、よろしくお願い致します。

# by tsukaarchi | 2021-01-07 17:42 | | Comments(0)

38×38のフレーム その後

38×38のフレーム その後_c0359961_16225013.jpg
2018年に完成した38×38のフレームのその後や、関連して思う事を書いてみたいと思います。
現時点では、まだ当初設定の多目的室という用途です。
子どもが小学校に行っており、使い方が変わってきています。
38×38のフレーム その後_c0359961_16225225.jpg
この台は、椅子であり、物を置くにも仮置き場的なものでしたが、ランドセル置き場になっています。このように家に帰るとランドセルをオープンにしセットしています。なるほど。と思う使い方。ランドセルを何等かの形で置く事は可能とは思っていましたが、このように機能的に使っています。これが奥まった棚だとこれは使えないし、単に置ける棚でも、このような雰囲気にはならないのだと思います。
38×38のフレーム その後_c0359961_16225615.jpg
これも、窓際に設置した台。これは、椅子というより机になりやすいとは思っていました。ただメインの机はあるのですが、これが一番使用頻度の高い机になっています。明るい場所で高さも良いらしいです。木の椅子を使ったり、座面の低い椅子と連携しオットマン的に使ったりとし、快適な設定をあみだしています。
38×38のフレーム その後_c0359961_16225451.jpg
フレームには、アイビーが巻き付いています。いろいろ観葉植物を置きましたが、この共生している感じが気に入っています。
38×38のフレーム その後_c0359961_16225910.jpg
天井。いや屋根下地。これは、今では珍しい断熱がない仕様。結構、快適です。もちろん、熱の伝導があるので高熱にはなるのが基本ですが、昨今の高断熱の家では、やはりエアコンがありきだと思う事は多々あります。エアコンがないと地獄みたいな部屋になってしまう事も。熱の伝導があるので熱くなりやすいですが、冷めやすいのも特徴です。暑ければ、エアコンをつければよく、しっかりエアコンも効きます。最近ぐらいの季節になると、他の部屋にくらべ一番快適な状況になる事も多い状況です。断熱至上主義な感じの方もおられますが、こういう事もあるのだなと、思って頂きたいです。

建築というのは、全部設定するのはなく余白を自分なりに工夫して使うといのも醍醐味の一つです。だから、デザイン住宅があるようにも思います。決まりきった使い方が良い方には、新しいアプローチをする建築家の設計というのは調和しないかもしれませんが、デザインが気に入った家に工夫して住むという、与えられた条件だけの設計ではない創造性というのがあると思っていますし、それを素敵に感じます。このコロナ渦の中、柔軟に対応する事によって未来が変わるように、住宅に住むという事もそういう事だと思うのです。


# by tsukaarchi | 2020-09-12 16:53 | 建築 | Comments(0)